マンション

失敗したくないマンション投資!気をつけるポイントとアドバイス

マンション投資を始める人が増えている?

マンションを購入するとなると多額の資金が必要になりますが、最近ではマンション投資のために購入する人が増えています。マンション投資にはどのようなメリットがあるのか書いてあるので、興味がある人は見てみてください。

マンション投資が人気の理由と気をつけるポイント

マンション

多額の資金を用意しなくても住宅ローンを利用できる

マンションの購入には住宅ローンを利用して購入することができます。サラリーマンのように安定した収入がある人ならば、ローンを利用できるので自分で用意しなくても大丈夫です。住宅ローンは、事業目的で使用するローンに比べて金利が安いというメリットもあります。融資を受けやすい人ならば、今からでもマンション投資を始めることが可能です。

毎月安定した収入を獲得することができる

購入したマンションに入居者がいれば、毎月の家賃が持ち主への収入となります。全室入居者がいれば安定した収入を獲得できるため、他の不動産投資よりも失敗する可能性は低いです。住宅ローンを組んでも、毎月の家賃収入から返済することができれば無理なく返すことが可能です。ローンの返済を終えた後は、全て自分の収入となるので不労所得を獲得できます。定年退職した後も収入がありますし、子供達に資産としてマンションを残すことができます。

初めての人がマンション投資について学ぶ方法

マンション

初心者に向けた不動産投資セミナー

マンション投資についてのセミナーを開催している所がありますから、興味がある人は是非参加してみてください。投資に関する基礎知識から、マンション選びで気をつけるポイントなどの重要な情報を教わることができます。知識がない状態で投資を始めても、成功させるのは難しいので参加するようにしましょう。

READ MORE

マンション投資は必ずしも成功する訳ではない

マンション投資はすぐに始められることと、不労所得を獲得できるというメリットがあります。ですが、それは成功した時に得られることですから、失敗してしまうと家賃が獲得できない恐れがあるのです。初心者の人が投資で失敗しないように、いくつか気になるポイントについて説明していきます。

初心者は必見!マンション投資の気になる疑問を解決

マンションに入居する人が少なくなる心配がありますがどうしたらいいでしょうか?

空室が多いと毎月の家賃収入の額は少なく、ローンの返済に足りない場合があります。そうなると自分で負担することになるので気をつけてください。空室を防ぐためにも入居者が集まるようなマンションを選ぶようにします。マンションの近くに駅があるのか、生活に必要な施設があるか確認してください。駅が近くにあれば職場と離れていても、駅で通うことができるので職場とマンションが多少離れていても問題ありません。スーパーやデパートなどの商業施設、学校などの公共施設や病院が近くにあれば生活が便利になります。このような点に注目してマンションを探せば、入居者が集まりやすい物件を見つけること可能です。

家賃の回収も自分で行なわないといけないですか?

家賃の回収は本来、持ち主である購入者が行なうべき仕事です。ですが、実際に行なうとなると支払いができなかったり滞納したりする人もいます。家賃収入が得られないだけでなく、住民トラブルに繋がる恐れがあります。それを避けるために、不動産会社に管理を依頼しましょう。不動産会社が代わりに家賃回収などの業務を代行しますから、購入者は全て管理会社に任せて大丈夫です。管理会社によっては家賃を滞納する人がいても、立て替えてくれるので毎月の返済も問題ありません。慣れない業務を自分で行なうよりも、専門家に任せたほうが安全です。不動産会社に相談して、管理を依頼することも考えておきましょう。

不動産会社を選ぶポイントは何でしょうか?

多くの不動産会社の中から信頼できる所を選ぶポイントの1つは、購入者に合った物件を紹介してくれることです。購入者がどのような目的でマンションを探しているのか、顧客の年齢や収入などの情報から探してくれるかチェックします。他にも、マンション投資のデメリットやリスク、失敗例なども教えてくれる不動産会社を選んでください。不動産会社を利用した人の中には、マンション投資で失敗したことがある人もいるはずです。その時の情報を活かすことが失敗を避けるために必要です。ですから、ただ物件を紹介するのではなく目的に合った物件を探すことと、失敗例などを紹介してくれる不動産会社を選ぶようにしてみてください。

新築マンションと中古マンションはどちらを選んだほうがいいですか?

新築マンションは設備が充実していることが多く、入居する人も多いです。建てられたばかりですから修繕工事も必要ないので、メンテナンスの心配はありません。ですが、価格が高いということと利回りが低いというデメリットがあります。中古マンションは新築に比べて価格が安く、利回りが高いというメリットがあるのです。デメリットとしては、中古なので修繕工事にかかる費用が高いことと、設備が古いので入居する人が少ないということです。どちらもメリットとデメリットがあるので、売却することも予定に入れて購入するのか、長期の運用を考えているかで決めたほうがいいです。

マンションの築年数に注目したほうがいいですか?

築年数が古い中古マンションだと、地震が発生した際に被害が発生する可能性があります。1981年に耐震基準が見直されて、震度6強以上の地震があっても倒壊しないという新耐震基準が制定されました。1981年以降に建てられたマンションなら、地震によって倒壊する可能性は低いので築年数にも注目してください。他にも、鉄筋コンクリート造や鉄筋鉄骨コンクリート造なのかも確認しましょう。念のために、地震が起きても揺れにくい場所を探したほうがいいです。地盤の揺れに関して内閣府でまとめたマップがあるので、それも確認すれば地震が起きても大丈夫です。